ブログ新着ブログ

一覧はこちら

2021/05/21
やはりこの時期は気象病??
当院のブログのアクセス数をチェックすると、ここ最近は気象病関連のアクセスが増えてきています。関東地方は梅雨入りはまだしていませんが、いわゆる「梅雨のはしり」には入っており、ジメジメした天気が続いています。
こういう天気が続いてくると、気象病と言われるめまい、頭痛、なんとなく体調が悪いなどと言った症状を訴える方が増えてきます。今朝のニュース番組でも「わたし漢方」というLINEで漢方相談を行う会社の紹介がされており、気象病が増えているとのことでした。
さて、この気象病ですが漢方の世界では「水滞」と呼ばれています。「水」とは水分ではなく、「気血水」の「水」であり漢方の世界では体内を流れている無色透明の液体として定義されています。「天気が悪いと頭痛」といった症状には五苓散という漢方薬がよいのですが、気象病は五苓散を飲んでいれば大丈夫か?というとそんな簡単なものではありません。五苓散はあくまでも「水を捌く」薬であり、一時的に症状をとる効果(標治)は優れていますが根本解決(本治)にはなっていません。
何故水滞が起こっているか?を診断しそれを解決しないと気象病はよくなりません。女性の場合、冷えや瘀血(微小循環障害)、偏った食生活や運動不足などが原因の方が多いように見受けられます。そこを見抜くためには問診だけでは残念ながら不十分であり、舌診や腹診、望診といった漢方固有の診察をする必要があります。また自分は気象病と思っていても他の病気(メニエール病や亜鉛欠乏症)だったという症例も少なくありませんので自己診断は危険です。当院での漢方治療は保険内診療であり、特に高額というわけではありません。お気軽にご相談ください。

2021/05/10
超私的解説な漢方解説~漢方で痩せるのか?~
漢方診療をやっていると特に女性の方から聞かれるのが「漢方で痩せるんですか?」というものです。結論から言えば「飲むだけで痩せる」薬はありません。あるとすればそれは毒です(笑)。
しかし残念ながら巷のCMをみるとコッコ○ポとかナイシトー○Zでは「燃やすと出す!だから痩せる!」みたいなのをやっています。代謝をあげるとか便通をよくして体重を落とすという意味なのでしょうが、全員が全員それで良いわけではありません。漢方の構成生薬の中に大黄が入っていれば、下剤と同じ効果があるので、便秘気味の人は一過性に体重が落ちることはあります。ただ大黄は漢方の世界では「実熱証」に対して用いる生薬であり、体に熱がたまっている人に用います。なので冷え性の人が飲めば、確実に冷えは悪化しますしそれに伴う全身の不調が出てきます。
漢方には「証」というものがあり同じ薬でも飲んで効く人と効かない人がいます。証が合わない薬を飲んでいると、むしろ副作用の方が強くでてトラブルになることもありますので注意が必要です。
ここからは超私的な意見なのですが、何やっても痩せない人は冷えている人が圧倒的に多いです。五臓六腑でいうと「胃」と「肺」の機能が衰えている人が多いような印象です。

2021/04/14
漢方は病気に対してだすのではありません!人に対して出すものです
当院の特徴でもある漢方治療ですが、よく患者様からこういったご質問を受けます。「ネットで○○っていう漢方薬調べてみたんだけど、この薬であってるんですか?」。
例えばめまいで来た患者さんに補中益気湯という薬だす場合があります。この薬ですが、効能効果を調べると「夏痩せ、病後の体力増強、胃下垂、結核証・・・」等と書いてありめまいに関する記載はありません。
漢方薬は一応、適応する保険病名がありますが極端な言い方をするとその病名は合ってないようなものです。漢方は症状以外にも「気血水」や「五臓六腑」「六病位」といった独特の物差しをもちいて診断します。前述の補中益気湯ならば気虚、中気下陥の人に用いますが、残念ながらこちらは保険病名としては記載されていません。そこで混乱を生じてしまうのです。
西洋薬は「病名」に対して処方しますが、漢方薬は一概にはそうではありません。まだまだわかりづらい漢方薬ですので、何かご不明な点があれば医師まで遠慮無くご質問ください。

2021/03/13
院長のコラムが掲載されました!
漢方すっきり方程式という冊子に院長の記事が載りました。抗生剤に頼らなくても感染症が治療できるケースもあります。抗生剤の過剰使用にならないようにすることが大事ですね。ご興味あればご一読お願いいたします。

2021/03/01
超私的な漢方処方解説~小青竜湯~
ご好評頂いている(?)漢方処方解説。今回は花粉症の時期でもありますのでアレルギー性鼻炎といったらこれ!というお薬「小青竜湯」について解説いたします。
構成生薬は麻黄、桂枝、乾姜、甘草、細辛、半夏、芍薬、五味子です。麻黄はインフルエンザに適応があるので有名になった麻黄湯や風邪薬の代表格である葛根湯などに含まれている生薬です。専門的には「発汗解表作用」があり、桂枝と組み合わさることでより強力な作用をしめします。
麻黄は数種類のエフェドリン類を有しており、その中でも含有量の多い、エフェドリンとプソイドエフェドリンが重要とされております。エフェドリンの薬理作用として中枢神経興奮作用、中枢性鎮咳作用、発汗作用および交感神経興奮作用としての血圧上昇、、気管平滑筋弛緩、鼻咽頭の血管収縮などが報告されています。プソイドエフェドリンはエフェドリンと比べると中枢作用が弱く抗炎症作用や利尿作用が強いという特性があり、喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用いられています。ディレグラ錠に含まれているのはこれです。
小青竜湯の妙は細辛や乾姜など体を温める生薬が含まれていることです。「肺」を温める作用があり咳を止める効果があるので別名「温肺化飲湯」と呼ばれています。アレルギー性鼻炎以外にも、風邪を引いた後の咳にも能く効くので当院でも風邪を引いた後咳だけ残ってしまった方にはよく処方しています。小青竜湯は非常にバランスの良い薬なので、とりあえず漢方薬でアレルギー性鼻炎をなんとかしたい!という場合にはファーストチョイスとなります。一方でバランスが良すぎるが故に、効果が中途半端になることもありその際には処方の変更が必要です。
抗ヒスタミン薬とは違い眠くなることはないので受験生にはお勧めですし、妊娠初期を除けば妊婦さんにも処方をしております。
弱点を上げると麻黄が主であるため、高血圧や心血管系の持病がある方はあまりお勧めできませんのでご注意下さい。

当院の特徴

01.

耳鼻咽喉科専門医としての診療

FEATURE.01
耳鼻咽喉科専門医としての診療
02.

当院で可能な検査

FEATURE.02
当院で可能な検査
03.

漢方医としての診療

FEATURE.03
漢方医としての診療

詳しくはこちら

院長紹介

ようこそ当院のホームページへ

なのはな耳鼻咽喉科のホームページへようこそ。
当院は耳鼻咽喉科一般診療に加えて、頭頸部外科医としての経験を生かし、頭頸部腫瘍、甲状腺腫瘍の診断を行っております。
手術適用となった方は、近隣の医療機関への紹介も行っております。
また西洋医学では治療困難な漢方治療にも力を入れております。
「原因がわからない」「年だから治らない」と言われた方に対しても、漢方治療が有効的なケースが多々ございます。西洋医学的所見と漢方医学的所見を総合し、一人一人にあったオーダーメイドの治療を提供させて頂きます。

このホームページは当院が提供する診療内容を可能な限りわかりやすくご説明するためのものです。皆様のご意見、ご感想をお待ちしております。

院長紹介

メニュー

〒310-0846
茨城県水戸市東野町693-9
TEL029-248-7087
診療時間
09:00~13:00
14:30~18:00

休診日|木曜・土曜午後・日曜・祝日

TOP

TEL.029-248-7087
予約する