ブログ新着ブログ

一覧はこちら

2020/06/29
超私的な漢方処方解説~五苓散~
少し間が空きましたが漢方処方解説第3回目は五苓散です。
漢方の世界では「気血水」という概念があり、五苓散は「水」の異常に対する代表的な処方です。本来あるべき場所に「水」がなく、余計なところに「水」がたまってしまうのを是正する薬んです。「水」の異常があると頭痛、めまい、下痢、嘔吐、むくみといった症状を引き起こします。ドラッグストアでもアルピタンという名前で販売されており、二日酔いの薬としても有名ですね。小児科領域でいうとウイルス性腸炎に対しても使われています。
当院ではこの処方はめまいを中心に処方しておりますが、「天気が悪いと調子が悪い、頭痛がする」といったいわゆる気象病にも積極的に用いています。ずっと片頭痛だと思っていたが、五苓散を飲むようになってから頭痛がしなくなったという方もいらっしゃいます。梅雨のこの時期、何となく調子が悪いといった人にはよく効くかもしれませんね。

2020/06/23
今日、何かが変わっています
開業から1年2ヶ月あまりが経過。今日、なのはな耳鼻咽喉科は何かが変わっています。何が変わっているか?それは来てみないとわかりません。毎日変わっているわけではありませんが、今日は変わっています。お楽しみに・・・

2020/06/15
診察券番号が大台突破しました
平成31年4月に開業し、およそ1年2ヶ月が経過。先日の診療で診察券番号(ID)が10000番台に突入しました。番号は001000からスタートしているので、実質は9000人ちょっととなるのですが、一つ大台をクリアしたことでまた新たなステージに進めるような気がいたします。より一層皆様に愛されるクリニックを目指してスタッフ一堂頑張って参りますので、よろしくお願いします。
次の記念すべき番号は11111になるのでしょうか・・・

2020/06/08
ペナルティーのワッキーさんが中咽頭癌に!
昨日のニュースでお笑いコンビペナルティーのワッキーさんが中咽頭癌にて休養することがわかりました。ワッキーさんは47歳で同世代であり、院長の地元船橋の雄、市立船橋高校サッカー部出身とのことで他人事ではありません。第一報では報道によると首のしこりがあって、複数の医療機関を受診し中咽頭癌と診断されたとありましたが、ステージ1で、放射線化学療法を行うとのことでした。
一般的に耳鼻科領域の癌(頭頸部癌)はタバコ、アルコールがリスク因子としてあげられていますが、こと中咽頭癌についてはそれだけではなくヒトパピローマウイルス(HPV)関連の癌が知られており、タバコ・アルコールをやらない人でもかかる可能性があります。HPV関連の中咽頭癌については早期発見すればかなり予後は良好とされております。ワッキーさんがHPV関連かどうかは定かではありませんが、同世代として早期復帰を願ってやみません。

2020/06/01
喉(のど)が痛い!さぁ、どこにかかりますか?
ここ数日「咽頭痛」を主訴に来院される方が増えてきました。急に気温が下がったりすることがあるので体調を崩されての症状ではないかと考えています。さて、題名にもありましたが皆さんは喉が痛かったらどこ(何科)にかかりますか?
大抵の方は内科に受診されることと思います。これは間違いではないのですが、耳鼻科医からの意見としては是非とも耳鼻科へ!とお願いしたいところです。
咽頭痛の原因は大きく分けると①ウイルス性②細菌性③EBウイルスなどの特殊なウイルス感染④悪性腫瘍の4つがあります。
①に対しては抗生剤は無効であり、対症療法が中心となります。②は溶連菌感染が主であり、抗生剤投与が必要となります。扁桃周囲膿瘍や急性喉頭蓋炎などの重症例には入院をお勧めする場合があります。③は耳鼻科医が診ないと分からないことが多く、採血などを行い状態をみて緊急入院をお勧めすることが多いです。④は稀ではありますが、見逃すと命に関わります。
耳鼻科はのどの専門家であり、だからこそ耳鼻咽喉科と標ぼうしております。「のどが痛い」=耳鼻科受診をよろしくお願いします。

当院の特徴

01.

耳鼻咽喉科専門医としての診療

FEATURE.01
耳鼻咽喉科専門医としての診療
02.

当院で可能な検査

FEATURE.02
当院で可能な検査
03.

漢方医としての診療

FEATURE.03
漢方医としての診療

詳しくはこちら

院長紹介

ようこそ当院のホームページへ

なのはな耳鼻咽喉科のホームページへようこそ。
当院は耳鼻咽喉科一般診療に加えて、頭頸部外科医としての経験を生かし、頭頸部腫瘍、甲状腺腫瘍の診断を行っております。
手術適用となった方は、近隣の医療機関への紹介も行っております。
また西洋医学では治療困難な漢方治療にも力を入れております。
「原因がわからない」「年だから治らない」と言われた方に対しても、漢方治療が有効的なケースが多々ございます。西洋医学的所見と漢方医学的所見を総合し、一人一人にあったオーダーメイドの治療を提供させて頂きます。

このホームページは当院が提供する診療内容を可能な限りわかりやすくご説明するためのものです。皆様のご意見、ご感想をお待ちしております。

院長紹介

メニュー

〒310-0846
茨城県水戸市東野町693-9
TEL029-248-7087
診療時間
09:00~13:00
14:30~18:00

休診日|木曜・土曜午後・日曜・祝日

TOP

TEL.029-248-7087
予約する