ブログ新着ブログ

一覧はこちら

2021/02/04
診察券忘れないで下さい!
当院では自動精算機による会計システムを導入しております。そこで大事なのが診察券に印字されているバーコードです。これがないと会計できません。しかしながら最近診察券をお忘れになる方が多くみられます。
事務がその都度別途バーコードを発行し会計を行うのですが、これが繰り返されると会計事務が滞ってしまい、他の患者様までお待たせする事態となっております。忘れないのが一番なのですが・・・対策として2つご提示いたします。
①スマホでバーコードの写真をとり保存しておく。これが一番簡単です。スマホをかざすことで会計できます

②それも忘れてしまった場合。アプリでバーコードを自分で発行することができます。やり方は下記画像ご参照ください。

2021/02/03
本職は耳鼻科なんですが・・・(^^;
少し先の話ですが、笠間医師会および株式会社ツムラの共催により漢方についての講演会をウェブで行います。タイトルは「コロナ時代におけるメンタルケアの漢方治療」です。ZOOMでの利用となります。あまり小難しい話はしない予定なので気軽に聞いて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

2021/01/27
授乳中でも花粉症の薬は飲めます!
1月も終わりに近づき、いよいよスギ花粉症の時期が近づいてきました。今年は水戸地区は昨年の4倍程度飛散すると予想されております。患者様からの質問で多いのが「授乳中なんですけど、薬は飲めますか?」というものです。結論から申し上げますと普通に飲めます。国立成育医療研究センターのHPから抜粋しますと、抗ヒスタミン薬(いわゆる花粉症の薬)ではデスロラタジン、フェキソフェナジン、ロラタジンが安全に飲めるとの記載があります。授乳中だからといって我慢する必要はありません!

2021/01/23
漢方研究に掲載されました!
主に医療関係者向きの月刊誌です。ご興味ある方は是非ご一読ください!

2021/01/20
プロアクティブ点眼って知ってますか?
そろそろスギ花粉症の時期が近づいてきました。今年は11月の気温が高かったこともあり、平年よりも早めに花粉が飛ぶと予想されております。今年の飛散予想ですが昨年の4~5倍程度飛ぶ言われており、昨年と同様の心構えでいると痛い思いをするかもしれません。
さて、題名にあったプロアクティブ点眼ですが、別ににきびの薬の話では無く目薬の使い方の話です。点眼というと「かゆいときだけにする」イメージが強いかもしれませんが、どうやら違うようです。かゆくなると人は目をこする動作をします。それがさらにアレルギー性結膜炎を悪化させることとなります。プロアクティブ点眼とは症状が出る前に点眼の用法用量を守り使用することで、ちゃんと治療をしましょうという考え方です。
よく「コンタクトをしているんですけど大丈夫ですか?」とご質問を受けますが、最近の点眼薬は防腐剤が入っておらずコンタクトをしていても使用可能なものがあります。
当院は耳鼻咽喉科ですが、アレルギー性結膜炎に関しては点眼薬の処方を行っております。花粉症で目の症状がある場合は是非ご相談ください。

当院の特徴

01.

耳鼻咽喉科専門医としての診療

FEATURE.01
耳鼻咽喉科専門医としての診療
02.

当院で可能な検査

FEATURE.02
当院で可能な検査
03.

漢方医としての診療

FEATURE.03
漢方医としての診療

詳しくはこちら

院長紹介

ようこそ当院のホームページへ

なのはな耳鼻咽喉科のホームページへようこそ。
当院は耳鼻咽喉科一般診療に加えて、頭頸部外科医としての経験を生かし、頭頸部腫瘍、甲状腺腫瘍の診断を行っております。
手術適用となった方は、近隣の医療機関への紹介も行っております。
また西洋医学では治療困難な漢方治療にも力を入れております。
「原因がわからない」「年だから治らない」と言われた方に対しても、漢方治療が有効的なケースが多々ございます。西洋医学的所見と漢方医学的所見を総合し、一人一人にあったオーダーメイドの治療を提供させて頂きます。

このホームページは当院が提供する診療内容を可能な限りわかりやすくご説明するためのものです。皆様のご意見、ご感想をお待ちしております。

院長紹介

メニュー

〒310-0846
茨城県水戸市東野町693-9
TEL029-248-7087
診療時間
09:00~13:00
14:30~18:00

休診日|木曜・土曜午後・日曜・祝日

TOP

TEL.029-248-7087
予約する