美人百花に当院が掲載されました!
5月号に当院の記事が掲載されておりますので、ぜひご覧ください!
美人百花の表紙
美人百花なのはな耳鼻咽喉科掲載ページ

ブログ新着ブログ

一覧はこちら

2023/07/19
超私的な処方解説~小児の抗生剤~
7月にはいり急性中耳炎などの感染症が増えてきました。中耳炎については異常な数でありやや困惑しているレベルです。
さて、今回のお題は小児の抗生剤です。一部の保護者さんは「風邪症状で子供が小児科に受診→治らないから耳鼻科で抗生剤をもらう」という風に考えているように思えます。実際抗生剤を出さないとやや不満そうな顔をする人もいるのが実際です。
当たり前ですが風邪症状(咳、咽頭痛、鼻水+発熱)はほほほぼウイルス感染によって起こります。ウイルス感染なので抗生剤は全く効きません。「風邪だから抗生剤だしておきますね」は一般的には間違いです。ではどういうとき抗生剤を使用するのか?というと明らかな膿性鼻汁や膿栓を伴った扁桃炎や溶連菌感染、中等症以上の中耳炎などです。あとは10 days markといって風邪症状が10日以上遷延している場合も抗生剤投与の対象となります。それを判断するのは医師であり、抗生剤の適正使用は医師に課せられた使命です。よって、「小児科の薬で治らないから抗生剤ください」は必要条件ではありますが、十分条件ではありません。
一方でこういう意見もあるのでは?と推察するのが「ごちゃごちゃ言ってないでとりあえず出してくれればいい」というもの。これがまかり通っていたのが20年ほど前まででしょうか?なんでもかんでも抗生剤という時代がありました。以前勤めていた某病院の近くの小児科は日本一ある抗生剤をだすと有名になったほど。今となっては笑い話にもなりません。
抗生剤の有害事象についてはおおきくわけて2つ。まずはAMR(薬剤耐性菌)の問題。AMRで検索すると結構怖いこと書いてあります。これは世界レベルでの問題です。ご興味あれば調べてみてください。もう一つが子供本人に直結しますが免疫力低下や喘息などのアレルギー性疾患へのリスクです。すでに論文も出ておりますが低年齢のときに抗生剤を多用すると気管支喘息になる確率があがるといわれています。
最後、これもいつも親御さんとのトラブルの原因となるのですが抗生剤の投与回数の問題です。「保育園だから昼の薬は無理」と結構な割合で言われます。1日2回投与の抗生剤はなくはないのですが、基本となるペニシリン系抗生剤は1日3回投与が原則です。では1日2回の投与の抗生剤はダメなのか?というと…強すぎるからです。小児急性中耳炎の診療ガイドラインなどみてもらえればわかりますが、小児で1日2回投与の薬(クラバモックス、オラペネム、トスフロキサシンなど)は重症例などに使用する抗生剤です。最初から強い抗生剤つかえばいいじゃん!と思うかもしれませんが、不必要にそういった抗生剤を連用すると耐性菌ができたときに対応できなくなったり、腸内細菌の破壊をおこし下痢や免疫力低下につながります。
保育園もいろいろあるので投薬が難しいことは重々承知しております。投薬自体がかなり手間がかかりますし、大人数になると誤投薬のリスクも出てきます。が、子供たちの未来のため!と思ってご検討いただければ大変助かります。
最後に…どうしたら抗生剤を極力使用せずに済むかというと・・・・「鼻吸い」です!!



2023/07/03
小川恵子先生のセミナーを聴講してきました!
7月1日土曜日16時30分からの小児漢方わかる会をウェブで視聴してきました。コロナ以降、セミナーや学会がウェブでみることが当たり前の世の中となり、広島でのセミナーも遠い茨城の地からみれるようになったのはありがたいことです。
テーマが起立性調節障害であり、当院でも何人か通院している治療に難渋するケースの多い病気です。通常ですと塩分・水分摂取や昇圧剤投与というのが一般的な治療になります。これで問題なければよいのですが通常の西洋医学では軽快しないケースもあり漢方治療を希望して当院へというケースもあります。考え方や使用する漢方薬についての講義を受けることができました。小川恵子先生は経方医学に基づいて漢方治療をされており、勝手に師と仰いでいる先生です。経方医学は教科書を読んでいるだけでも???が連発する非常に難解なものではありますが、ひとたびわかるとこれほど理路整然としたものはない!と納得できる考え方です。
今回セミナー終わりに質問コーナーがあり、「朝なかなか起きられない症例に対して」の質問をさせて頂き、非常にクリアカットな解答をいただきました。夜寝ている間に〇気は裏にはいるので〇気を外に出すことが必要とこと。非常にマニアックな内容なので詳細は伏せますが…すぐに使えそうなので試してみたいと思います!!
ちなみに当院では起立性調節障害の診断(血圧を測ったり云々)はやっておりません。診断がついている方および疑わしい方を対象とした漢方治療を行っております。よろしくお願いいたします。

2023/06/19
超私的解説な疾患解説~急性中耳炎~
ここ最近急性中耳炎が増えてきました。プールが始まったのが多少は関係しているのかな?とも思っていますが原因ははっきりしません。まず急性中耳炎は何故起こるか?というと直接細菌やウイルスが耳に入るのでは無く、鼻や喉についた細菌やウイルスが耳管を通じて耳に入るのが普通です。子供は大人に比べて耳管が短く水平についているため解剖学的に中耳炎になりやすいということがあります。
では、治療法は?というと急性中耳炎というのはちゃんと診療ガイドラインがあります。それによると軽症例の場合は抗生剤などは投与せず3日間経過観察し再度評価するという風になっています。これは医学的には正しいとは思うのですが実臨床ではかなり無理があるガイドラインであり、耳が痛いと泣いている子供に対して「軽症だから3日後又来てね!」とはなかなか言いづらいです。そもそも軽症が少ないと言うこともありますが実臨床では中等症以上のガイドラインに準じて治療している耳鼻咽喉科医が多いのではないかと推察いたします。
中等症になると抗生剤を3~5日処方し、再評価となっています。これはかなり大事なことで有り最初に出した抗生剤が効いているか?を3~5日後に評価する必要があると言うことを表しています。当院では3日後というのはこれまた現実的ではないので5日後の受診をお願いしています。「お願い」と書きましたがこれは「お願い」というよりも「指導」に近いレベルです。外来でもおそらくほぼ全員の親御さんに「中耳炎なので抗生剤をだします。5日後必ずきてください」と言っているはずです。中には「5日後?!忙しくてこれない」とか「5日後?!子供が耳痛がってなきゃ来なくもよいのでは?」とか思う人もいるでしょう。最終的に来る来ないの判断は親御さんに決定権があるので何ともいえないのですが、「耳が痛くない=治っている」は必要条件ではありますが十分条件ではありません。耳が痛くなくても鼓膜発赤が強かったり、滲出性中耳炎に移行していたり色々あります。5日後の受診をせず、その後耳痛などで再診し、重度の中耳炎だったり滲出性中耳炎だったりすると治療に数ヶ月かかった!なんてこともあります。
ここからはかなり私見なのですが、医師として抗生剤を出した以上、特に小児については治ったかどうかを確認する責務があると思っています。未就学児についてはかなりそれを意識して診療をしているので抗生剤をだしたときには「○日後、かならず来て下さいね!」と言うようにしています。
しつこいようですが、来る来ないの決定権はこちらにはありません。ただ余計な合併症をつくらない、耐性菌をつくらないことは特に小さいお子さんでは重要なことだと思っております。通院が面倒なのは重々処置しておりますがご理解頂ければ幸いです。

2023/06/06
花粉症は終わったはずなのに・・・
6月に入りました。通常ですとスギ・ヒノキ花粉症のシーズンが終わりアレルギー性鼻炎の患者さんはほっと一息つく時期のはずです。しかしながら最近急激にアレルギー性鼻炎・結膜炎の症状を訴えてくる患者さんが異常に多いです。しかも結構重症!最初は黄砂!?と思っていましたがどうやら違う様子。そして空き地などに見慣れない謎の植物が多いのに気づきます。Googleレンズで検索したところ「チガヤ」というイネ科の植物であることが判明(合っているかどうかは分かりませんのでその辺はご了承ください)。ネットで調べると結構やっかいな植物で異常な繁殖力があるとのこと。カモガヤなどイネ科の植物にアレルギーがある人がこれに反応しているのではないかと推測しております。風邪でもないのに、鼻水が出る・鼻が詰まるといった症状はアレルギー性鼻炎かもしれませんね。

2023/02/10
耳鼻科は頑張ってるはず?!
先日こんなコラムがネットで掲載されました
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b42dacb54bb6bb656e53974bf03b744ec6c04af?page=3

内容は小児はまず小児科でみましょう!というものです。それ自体は全くの正論であり中耳炎は耳鼻科の専売特許でないというところも書かれています。
しかし気になるのはこの一説・・・
さらに驚いたことは、耳鼻科の先生の薬の処方のしかたである。風邪に対してほぼ全例、抗生剤を処方していることを、ぼくはお薬手帳を見て知ることになった。これはいったい、どういうことなのか。風邪に抗生剤が効くと思って出しているのだろうか。
いやいや、風邪に抗生剤なんかだしませんよ耳鼻科は。ちゃんと鼻処置をして自宅でも鼻処置をするよう指導してる耳鼻科がほとんどではないでしょうか??地域性とかもあるのかもしれませんが、「耳鼻科=抗生剤を不必要に出す」とイメージつけるのはご勘弁願いたいです。このコラムをみて「おいおい…」と思っている耳鼻科の先生方は多いのでは??と推察します。

2歳未満に抗生剤を乱用すると気管支ぜんそくのリスクがあがることは論文でも言われておりますし、みんなわかっています。ちゃんと耳鼻科医は頑張ってるぞ!!ただそれだけを言いたくてブログを書かさせて頂きました!!

当院の特徴

01.

耳鼻咽喉科専門医としての診療

FEATURE.01
耳鼻咽喉科専門医としての診療
02.

当院で可能な検査

FEATURE.02
当院で可能な検査
03.

漢方医としての診療

FEATURE.03
漢方医としての診療

詳しくはこちら

院長紹介

ようこそ当院のホームページへ

なのはな耳鼻咽喉科のホームページへようこそ。

当院のモットーは「ちゃんと診察・ちゃんと診断」です。対面診察にとことんこだわっています。
耳鼻咽喉科一般診療に加えて、頭頸部外科医としての経験を生かし、頭頸部腫瘍、甲状腺腫瘍の診断を行っております。
手術適用となった方は、近隣の医療機関への紹介も行っております。
また西洋医学では治療困難な漢方治療にも力を入れております。
「原因がわからない」「年だから治らない」と言われた方に対しても、漢方治療が有効的なケースが多々ございます。西洋医学的所見と漢方医学的所見を総合し、一人一人にあったオーダーメイドの治療を提供させて頂きます。
また、アレルギー性鼻炎に対しては積極的にレーザー治療を行っております。特別な予約は不要ですので、お気軽にご相談下さい。

院長紹介

メニュー

〒310-0846
茨城県水戸市東野町693-9
TEL029-248-7087
診療時間
09:00~13:00
14:30~18:00

休診日|木曜・土曜午後・日曜・祝日

TOP

TEL.029-248-7087
予約する